Article page

by
  • Comment:2
  • Trackback:0

 


わが菩提寺のお施餓鬼は7月27日と決まっています

お寺によって、宗派によってそれぞれ違うようです

実家ではお施餓鬼なるものはやりません(宗派の違いです)

こちらに来てから、お寺とのお付き合いが多いのに

驚いたものでした

街中で洋服の住職に「こんにちは~」と挨拶されて

キョトンとしたこともしばしば(笑)

それでも40年もたてば、さすがに慣れました。

新年のご挨拶に始まり、春の彼岸、お施餓鬼、お盆、秋のお彼岸

お十夜、暮れのご挨拶と、年に何回もお寺に出向けば

お互い、顔も名前も覚えるというもの。

「お義母さま、いくつになられましたか?」

「幸せなお義母さまですこと、お嫁様のお力ね・・・」

毎度気恥ずかしいお世辞を聞くのにも慣れました(笑)

お施餓鬼には朝、お塔婆代、回向料として

お知らせが来て、当日持っていきます。

古い大きな檀家さん方は、正装で、講話を聴き、

その後客殿で食事がふるまわれ、和気あいあい会話を楽しむようです。

いつも「お膳の用意がありますから、おあがりください」

毎回、必ずお声をいただきます。

失礼ながら、丁寧にお断りして夕方、お塔婆をいただきに上がり

そのままお墓参りをすませるという行事になっています。

年に数回とは言うものの、お寺とのお付き合いはなかなかの緊張です。

今年も無事済ませ、義母にも報告し、一つクリアです。

次はお盆ですね・・・そろそろお仏壇のお掃除もしなくては・・・・



2017asagao.jpg






励みになります。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ 




みかん
Posted byみかん

Comments 2

今治りんどう  
お施餓鬼

驚きばかりです。田舎の本家に
お任せでしたので、主人が亡くなってやっとどうにかと
いうところです。
これからも勉強です。

朝顔の絵が素敵ですね。
私もはやく近づきたいです、

2017/08/02 (Wed) 16:18 | EDIT | REPLY |   
みかん  
今治りんどう さん

熱帯魚の絵は完成しましたか?
アップしてくださるのを楽しみにしています。
お寺の檀家は大変ですが、ご先祖様からの継承ですから
出来る限りはやらないといけませんね。

2017/08/02 (Wed) 16:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply